ソーシャル このエントリーをはてなブックマークに追加

ソリューションビジネスとは

以前のIT企業でもソリューションと言う言葉は使用されていなくて、使用されだしたのは2000年位からと思われます。
ソリューションビジネスを簡単に説明すると、顧客の課題をパソコン等のコンピューターでシステム化して解決するビジネスと言えます。
顧客の業務上の問題の解決や要望を取り入れた情報システムの事を指し、IT企業のほとんどはソリューションビジネスが主な事業となっています。
IT企業のソリューション部門は顧客の問題点や要望に応じた情報システムの設計を行ない、情報システムにあったパソコン等のハードウェア選ぶ、ソフトウェアと業務をプログラム化して、ネットワークを構築します。
そして、サーバー等の運用サポート人員等も含めて製品と完成させます。
ソリューションを構築して製品化する業者をシステムインテグレータ、システムプロバイダ、ソリューションプロバイダ、ソリューションベンダ等と言い、これらの企業をまとめてIT企業と言っています。
ソリューションの定義は明確になっていませんが、電子情報技術産業協会(JEITA)は「顧客の経営課題をITと付加サービスを通して解決するビジネス技法」といっていますが、IT業界以外でも不動産、金融、広告業界でもソリューションと言う言葉が使用されているようです。
これは、ソリューションを広い意味でとらえれば、顧客の要望に応じて製造された製品と人によるサービスを提供する事がソリューションとなるのです。

Copyright (C)2017パソコン用語のここがわからない〜初心者向けIT機器解説WEB〜.All rights reserved.