ソーシャル このエントリーをはてなブックマークに追加

クラウドサービスのメリット

最近、クライドが話題となっていますが、クライドと言う言葉は最近使用される様になったのですが、クライドと同様なものとしてメールサーバーやWEBサーバー、LAN等はネットワーク上で処理される機能のなで、クライドと言う事ができます。
従来からあったサービスが、最近になってクライドと言われると言えば、2006年8月にエリック・シュミット氏(GoogleのCEO)が使い始めたのが最初と言われています。
そしてクライドと言われるきっかけはブロードバンドや無線LANなどの普及によってパソコン以外にもスマートフォンや携帯電話等でもインターネットを接続する事が増えたためとも言われています。
クラウドにはクラウドサービスを利用する方法とクラウドサービスを使用する方法があります。
クラウドサービスは、サーバーを自分で持たないで、クラウドサービス会社のサービスを利用する方法で、使用した場合、使用した分の料金を支払う事になります。
プライベートクラウドは企業等で構築するネットワークの事で、自分でサーバーの管理運用を行ないます。
クラウドサービスとクラウドサービスの違いを簡単に言えば、自分のサーバーを使用するかサービス会社のサーバーを使用するかの違いと言えます。
クラウドサービスを利用する場合のメリットとしては、クライドは無線LANとなっているので、何処からでもアクセスする事ができるので、使用するPCを特定する必要はなく、携帯電話やスマートフォン等からもアクセスする事が可能となっています。
PCの容量が少なくてもたくさんのデータを保存する事か可能となります。
これは、クラウドサービス会社の設定にもよりますがPCのHDDより多くのデータを保存できるので、自分のPCに負荷をかけないで、データの取りだし、保存ができます。

Copyright (C)2017パソコン用語のここがわからない〜初心者向けIT機器解説WEB〜.All rights reserved.